ダイビングボート

日本では人気の沖縄がダイビングの聖地と称しても反対する人はいないでしょう。美しいサンゴ礁を泳ぐダイビングはその他の海とは比べようもない希少性の高いものです。

先日執り行われた夏祭りin那覇、力を振り絞ったエイサーダンサーを一緒に応援しました!今回の催しは沖縄主要な那覇市国際通りで夏の期間開かれるのです。

カヤックツアーとは、ご存知のようにカヤックに乗り込んで自分で水を掻くパドルを操作して、左右の岸辺に紅樹林が連なる川を上流まで旅する構成です。

有名な美ら海水族館には世界でトップの巨大アクリルパネルでできた水槽があります!大きなジンベイザメ・マンタの自然・人工繁殖を目的とした複数飼育の実践や白化していないサンゴの大量飼養は世界に先駆けた偉業です!

那覇にある港より8時前後に出て、ダイビングボートを駆って慶良間海域のポインまで足を延ばして、何回かダイビングを行って、17時までには戻るツアーが主流です。

もしダイビング中にトラブルが起きても、直ぐに手当可能になる知識とトラブルを未然に抑え込んでしまう能力を手にしておくことが大事故を未然に防ぐと考えられます。

那覇から近い港より午前中に出発し、ダイビングボートを頼んで慶良間近海のポインまで足を延ばして、数回のダイビングを楽しみ、17時までには宿舎に戻ってくるパターンが好まれます。

「かなり長くダイビングを休んでいた」、「急に思い出して再びどこかで海に入りたいけど、ブランクが長すぎて心配だ。」と思っているダイバ ー中心の訓練も実在します。

海漂林を観る。素敵なマングローブへと出かける森のツアー。スピードボートで移動しながら沖縄の海漂林の鬱蒼とした林を鑑賞しませんか?

ダイビング中の事故はそれ以外のレジャースポーツと比べてみると間違いなく多いのかと聞かれて、調査してみると、全く違っていてあまり起こらないのが実情です。昨年の死亡事故や行方知れずのダイバーは十数名だとの事です。

全世界のマリンリゾートでパラセーリングは至って難しくなくて平和なマリンスポーツで、プレイヤーに驚き・興奮・安らぎ・充足感を供給し、お客様を大空の旅へとお連れしております。

頬をなでる暖かい風、気持ち良い川のせせらぎ、生命感溢れる鳥の鳴き声。それ以外の雑音は完全に届かない。両岸に息づく紅樹林は、まるで絵に描いたような南国の景色。

ダイバーの憧れの的「マンタ」達と泳ぎたい!といえば沖縄の石垣島。マンタで有名な川平で遊泳する現地で提供している専門サービスはたくさん存在します。

遊んで終わるのではなく、紅樹林の詳しい生態や実は知らないサンゴの興味深い謎も講義してくれる環境保護になって知識が得られる新しい試みのツアーです。

那覇を取り巻くようにダイビングしたいと考える場合に候補に挙がるのは絶対チービシエリアです。思っているより初心者の方向けのポイントが豊富で、恐怖心を覚えるようなこともなくボートダイビングライフが出来ます。